美容外科で受けられるイチオシのいぼ治療

いぼは排除できる症状|スベスベな肌を手に入れる

いろいろな施術方法

カウンセリング

いぼを治療するのに効果的なものは、レーザー治療と液体窒素による施術の2つがあります。また、民間療法で肌に塗布したりはと麦茶を飲むことも重要です。しかしながら、最近のレーザー治療として炭酸ガスレーザーも出てきています。

もっと知ろう

原因と施術方法

美容整形

いぼの原因はウイルスにあります。その治療としては内服薬によるものとレーザー治療があります。炭酸ガスレーザーを用いるものが一般的であり、完治率が極めて高いです。局所麻酔をするので痛みも感じませんので、おすすめです。

もっと知ろう

レーザーと液体窒素

笑顔の女の人

レーザー治療

いぼには良性のものもあれば悪性のものもあります。しかしながら、そうした種類にかかわらず治療したい人は多くいます。それというのも、いぼがあるのとないのとでは見た目が大きく変わるからです。特に、露出機会の多い部位であればなおさらです。それでは、いぼの治療方法にはどのようなものがあるのかというと、薬物療法や美容整形が一般的な治療方法になります。いぼを改善する人の傾向としては美容整形を受けることが多いです。皮膚科や美容外科においてはレーザー治療、液体窒素による方法、内服薬の服用の3つの方法があります。それぞれ特色が異なりますが、最も人気があるのがレーザー治療です。レーザー治療とは、いぼをレーザーを使ってくり抜く治療法です。レーザーでくり抜くとしても出血は少なく痛みも感じることはありません。しかも、いぼの周辺にはレーザーを当てずにいぼのみにレーザーを照射しますので、傷口が広がることはありません。また、この方法だと傷跡も残りにくいというメリットもあります。

液体窒素を使った治療

レーザー治療以外の治療法では液体窒素があります。液体窒素を使っていぼを焼いて取り除く方法です。液体窒素をそのまま直接いぼに当てるのではなく、綿棒の先端部に液体窒素をふきかけて、それを使って焼きます。皮膚は火傷状態になりますので、施術後はきちんとしたケアを必要とします。ただし、いぼの表面を焼いても根元を取り除かないと根本的な解決にはなりません。そのため、レーザー治療のように1回の治療で終わるのではなく、複数回施術を受ける必要があります。しかしながら、この液体窒素による治療法は健康保険の適用が効きますし、施術自体の料金もそれほど高くありません。そのため、リーズナブルな料金で治療したい人には非常におすすめの施術方法になります。期間としては3ヶ月から半年間程度かけて治すことになります。これら以外の治療方法では内服薬の服用によるものもあります。これはヨクイニンという薬を定期的に飲んでいぼを除去する方法です。しかしながら、レーザー治療と液体窒素が一般的な治療です。

ウイルス感染や老化で発生

男性医師

ヒトパピローマウイルスによるいぼの特徴は、比較的大きめで、身体のあらゆる箇所にできる点です。老化が関係しているいぼは、首にできる傾向があります。形状によって治療法も変わりますが、多くは液体窒素とレーザーを用いた治療です。

もっと知ろう

コンプレックスを取り除く

顔を触る女性

顔などにできたいぼは、病院で除去治療が可能です。病院で治療を行えば、傷跡も残りにくく安全です。感染性のものもあるので、自分で潰すことは禁物です。また、いぼには悪性のものもあるので、まずは良性であることを病院で検査しましょう。

もっと知ろう

なめらかな肌にするために

鏡を見る人

いぼの治療には、ウイルス性の場合は液体窒素、古い角質が原因となっている場合は飲み薬や塗り薬がよく使われます。前者の場合は低温やけどによって、後者の場合は新陳代謝によって、それぞれいぼが除去されるのです。そして昨今では、精巧な炭酸ガスレーザーも使われています。照射後は、早ければ1ヶ月で肌が回復します。

もっと知ろう