ウーマン

いぼは排除できる症状|スベスベな肌を手に入れる

いろいろな施術方法

カウンセリング

レーザーと液体窒素

いぼの治療方法の代表格はレーザー治療です。いぼを除去するのにレーザーを照射していぼを根元からくり抜く施術方法です。いぼというのは、ウイルスが皮膚の奥に潜んでいますので、表面部分だけを削り取っても再発してしまう可能性があります。レーザー治療の場合は奥深くから取り除くので、再発もありませんし、ピンポイントでくり抜くので傷口が広がりません。治すのに必要な期間は3ヶ月から半年間程度です。施術にかかる料金は1ミリあたり2000円から4000円程度が相場価格になります。また、液体窒素による治療もあります。これは綿棒に液体窒素をあてて先端部のみを凍らせた状態にして、それを当てて低温火傷を生じさせて治療するというものです。温度がマイナス196度なのですぐにいぼを壊死することができます。壊死することによって肌の表面に新しい皮膚が生まれてきれいになります。ただし、表面部分での治療なので完治させるには複数回受ける必要があります。保険の適用が可能なので、安くて済みます。

民間療法と最近の施術方法

いぼを治すには民間療法を用いるということも効果的です。これは日本に長年伝わる治療方法ですが、ひまし油と杏仁オイルをいぼのある部位に塗布することで、いぼを小さくするのです。また、塗布するのではなく飲みのものを摂取することで治療することも可能です。はと麦茶がおすすめです。はと麦茶には内服薬として使用されるヨクイニンと同じ効果が認められているので、いぼを確実に小さくすることができます。しかしながら、これらの民間療法は根本的な解決にはなかなか難しいので、美容整形を併用することをおすすめします。つまり、民間療法でいぼを小さくすることで切除しやすくします。近年では、いぼのレーザー治療には炭酸ガスレーザーが登場してきました。これはどういうものかというと、炭酸ガスをいぼに照射すると水分が反応して熱が生まれます。その熱の蒸発によっていぼも除去するというものです。レーザー治療はどの種類のものであっても、色素沈着する可能性がありますので、きちんとアフターケアをします。