ウーマン

いぼは排除できる症状|スベスベな肌を手に入れる

ウイルス感染や老化で発生

男性医師

発生する場所に注意

いぼは、ウイルス性のものと老化が原因の場合があります。人体にいぼを形成するウイルスは、ヒトパピローマウイルスが関係しています。これが皮膚の小さな傷に入り込んで、ウイルスの塊となり、いぼになります。ヒトパピローマウイルスによるいぼは、手指や顔をはじめ、身体のあらゆる場所に発生します。また、比較的大きくて盛り上がっているので目立ちます。自己処理で取り除くと、他の部位に転移したり、皮膚に傷が残る可能性があります。首にできるいぼは、老化が原因です。加齢によって皮膚の新陳代謝機能が衰えると、古い角質が残っていぼを形成します。首の皮膚は薄くてデリケートゆえに、老化によるトラブルが起きやすい部位といえます。さらに、衣服によって摩擦を生じやすいので、紫外線を浴びる機会も多いパーツです。そのため、皮膚が固くなっていぼに変化することもあります。この種のいぼの特徴は、小さな突起状のものが無秩序に現れる点です。痛みやかゆみがないので、気が付いたら増えているケースが多々あります。

形状によって治し方が違う

いぼは、その形状によって治療法が異なります。一般的な治療法は、液体窒素とレーザーによる治療です。これらは、ヒトパピローマウイルスによるいぼの一般的な治療法として広く知られています。皮膚科による処置は、液体窒素によるものがほとんどです。マイナス190以下の液体窒素で患部を焼いて、症状の改善を目指します。施術後は、患部がやけどのように黒くなりますが、しだいに元の状態に戻ります。レーザー治療は、美容外科や美容皮膚科で利用されています。この治療法は、炭酸ガスの熱によって患部を削り取ります。部分を麻酔を施すゆえ、痛みを感じないメリットがあります。また、根の深いいぼも確実に除去できて、再発率が低い特徴があります。2つめは、服薬による治療です。これは、首など皮膚が薄くて目につきやすい場所のいぼ治療に利用されます。ヨクイニンや、ある種の漢方薬は、肌の新陳代謝を活性化させる働きがあります。それによって、古い角質がいぼに変化することを防ぎます。