ウーマン

いぼは排除できる症状|スベスベな肌を手に入れる

コンプレックスを取り除く

顔を触る女性

自分で除去するのは禁物

年齢を重ねるにつれて、顔や首まわり、その他体の至る所にいぼができることがあります。最初は小さないぼでも、次第に大きくなってきたり、顔まわりに出来てくるとどうしても気になってしまうでしょう。つい頻繁に触ってしまったり、ニキビのように自分で潰してしまうと余計に悪化する恐れがあります。いぼの中には、ウィルス性のものもあるので、触ったり潰したりすると他に感染することがあるのです。なるべく触らないようにして、どうしても気になる場合は、病院で治療を行うのがよいでしょう。自分で対処するよりも確実に、そして安全に除去ができ、傷跡が残りにくいため、最近では気軽に病院で治療する人が増加しています。 いぼの治療にはいくつかの方法があり、皮膚科や美容外科などで治療ができます。いぼを焼き取ったり凍結させて除去したり、レーザーで除去するなどの方法があります。最近では、美容整形としてのいぼ治療技術が発展しており、以前と比べると治療跡が消えるのが早いため、人気が高まってきています。

良性と悪性があります

いぼの治療について説明しましたが、そもそもどんないぼでも除去して大丈夫なのでしょうか。いぼにも様々な種類があり、それぞれの発生原因は異なります。 よく見られるのが、加齢により皮膚が老化してできる老人性のいぼです。これはところ構わず体のいたるところにポツポツとできます。最初は小さくても次第に大きくなることがあります。 また、ウィルス性のものも非常に多く見られます。これは、ヒトパピローマウィルスが皮膚の小さな傷などから侵入することで感染し、ウィルスの違いによっても様々な症状が現れます。こちらも体中に発症する可能性があり、子供の手足などにもできやすいものです。ウィルス性ですので、潰したりしないようにしましょう。 気をつけなければいけないのは、いぼ状のものが、実は悪性の皮膚がんなどの可能性もあるということです。そのため、気になるいぼがある時には、絶対に自分で除去したりせずに、まずは病院で検査を受けることが大切です。そして、良性のいぼであれば、除去治療が可能となっています。